初心者が富士山登山をする前に

富士山は、言わずと知れた日本で一番高い山で、霊峰として信仰の山でもあります。
古来から多くの人を惹きつけ、日常的に登山が趣味という人でなくても、一度は登ってみたいと考えるという山です。

また、小学校低学年の子供が富士山登頂に成功したという話もよく聞くことで、富士山に登るのは意外に簡単なのかもと考えている人も少なくないようです。


しかし、3776mという高さは、初心者が気軽に登れる高さではなく、十分な準備と計画が必要です。富士山に限った事ではありませんが、高い山に登る前に、まずやっておかなくてはならないことは、健康管理と体力づくりです。周到に準備をしても、その日に体調不良などということがないように、手洗いうがいの励行や、暴飲暴食を避けるなど、健康に過ごすために当たり前のことをきちんと続けながら生活します。

体力づくりについては、年齢や性別、普段の運動量など人によってそれぞれなので、誰にでも正解のトレーニングがあるわけではないのですが、ストレッチや長い間歩ける練習は必須です。
特に初心者の場合は、低めの山から始めて練習登山をしておくことがおすすめです。

富士山の登山といえばこちらです。

そのうえで、装備はしっかりとした登山用のアイテムを揃えましょう。
初心者だから本格的なものはいらないというのは大きな間違いで、初心者だからこそしっかりとした装備が必要となってきます。
特に靴と雨具は手を抜いてはいけないといわれています。



また、ルートや山小屋などについて十分に下調べをして、経験者や専門家の助言を受けながら、無理のないスケジュールを立てることも大切です。